スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年11月28日

譲れぬ奴




ライブ・カート化で、

より楽しくなった

マルイ・パイソン。

でもね~・・・。





































お呼びだぜ!

旦那!

(*`д´)b









  


Posted by らんぼう  at 00:10Comments(2)パイソン

2011年07月23日

キャロム・カート




マルイ・パイソン用

キャロム製ライブカート

集弾性デス♪








キャロム製は

BB弾を一旦、

インナーバレルへ送り込み

そこから発射デス。

では、

1回目~♪











お次、

2回目~♪








まぁ、そう言わずに
(;^_^A


では、

確認の為の!

3回目~!!





どうよ?

( ̄ー ̄)ニヤリッ





ライブカート式にカスタムして、

集弾性も意識するのなら、

キャロム製で間違い無しですネ♪

インナーバレルとか、

カスタム&調整次第では

ピンホール・ショットも

夢では無いかもですネ♪

v(。・・。)イエッ♪

でもて・・・今回、




いや~ぁ!!

元に戻せないじゃない!!

今回から

カートレスで

使おうと思ったのに~!!

(≧σ≦)しょっく!!





  


Posted by らんぼう  at 00:10Comments(0)パイソン

2011年07月12日

マルベリー・カート




さて、お次は

マルイ・パイソン用

マルベリー製、ライブカートでの

チャレンジです♪





マルベリー製は、

カートからの

直接発射です。





では!

注目の!
(でもナイか^^;)

1回目~!!





な、なんと!

2発、

弾痕不明!!

( ̄▽ ̄;)!!ガーン









男だね~♪

気合を入れてー!!


2回目!





んn~、おしい!

1発、外れた~!

“o(><)o”くう~!





気を取り直して~

ラスト!

3回目~!!




最低~。

3発弾痕不明。

( ̄_ ̄|||) どよ~ん






p(*^-^*)q がんばっ♪



な訳で、

マルベリーカートは、

随分と

不安定の様です。

BB弾保持力の

影響が有るかもデスね♪




キャロム製は

いかに?

…o(;-_-;)oドキドキ♪

  


Posted by らんぼう  at 00:10Comments(0)パイソン

2011年07月08日

性能比べ













では!

1回目~♪


結果は?





リヤ・サイトを

修正して、

気を取り直して~


2回目~♪








にしても・・・、

さすがデス♪

すんげ~集弾性能を

持ち合わせてますネ♪








何を

してんの?

(; ̄ー ̄川

  


Posted by らんぼう  at 00:10Comments(4)パイソン

2010年09月22日

チョイス、すべきもの

では、検証しよう!















ここで、解説しよう!


マルベリーの物は、カートから直接、発射されるのに対し、

キャロムの物は、一旦インナーバレルへ送り込まれ、
そこから発射されるのだ!
標準と同じ手法である。

この違いが、集弾性能に大きく影響されるのだ!
問題は、その価格設定の差!に有ると言える。

ご理解頂けただろうか

各個人の、判断が必要と言える。

では、



  


Posted by らんぼう  at 00:37Comments(0)パイソン

2010年09月21日

似て非なるもの

さて、マルイ・NEWパイソン用
リアル・カートについてデス。

私の知っている範囲では、
マルベリー・フィールドとキャロム・ショットの
2社から、発売されてます。











  


Posted by らんぼう  at 00:26Comments(2)パイソン

2010年09月19日

弾・ジャラ~♪

さて、いよいよ!

ライブ・カート化です♪

その為には、シリンダーの内容物を取り除きます。


では、

フレームから、シリンダーASSYを外します。
これは、問題ないですよネ♪



次に、エキストラクター・ロッドが
ねじ込みされていますので、
緩めて外します。


これで、ヨークとシリンダーが
分離します。


そこで、シリンダー中心部を
ヨーク側から覗いて見て下さい。


な~んか、切り欠きが有って、
回せそうな感じですよネ~。

ハイ、適当な-ドライバー等で
緩めちゃって下さい。



コレで、エキストラクラー部が
完全に分解出来ますので、
付属のローダー等を利用して内容物を
取り出しますヨ♪



あっ、一番奥に入っている
BB弾保持用パッキンの取り忘れに、ご注意下さい。

結構、ビッタリ入っていて、
取りにくい場合がありますデス。


後は、分解したエキストラクター部を
元に組み付ければ、完成です。



後は、シリンダーをフレームに取り付け、

カートを入れるだけなのですが



つづく
  


Posted by らんぼう  at 00:53Comments(0)パイソン

2010年09月17日

大切な道程

まずは、BB弾発射までの

プロセスをおさらいします。



ハンマーが起きてきますと




ガス・ルートのノズルが
飛び出てきて、
シリンダーとの
機密性を保ちます。


       
       
       
さらに進み
カートに見える部分を
押し付け、「ペコッ」と凹ませ、
    



反対側から、一発だけ

「ポロッ」と
出てきます。


   
シリンダーから出てきた
BB弾は
 


インナー・バレルに入り、

ソコに有るVパッキンによって
保持されます。

後は、ハンマー・ダウンでの
ガス放出を待つだけデス。



マルイ製パイソンのチャンバーは
インナー・バレルの最後端部、
って事になりますよね。


このシステムとVパッキンにより、
ガス・リボルバーとは思えぬ
集弾性能を誇ります。

だから、私は、マルイ製をチョイス!しましたよ♪

この一連の作動が
後の、ライブ・カート化にとっても、
とても大切な事となりますヨ。


な事で、ライブ・カート化!いきますよn♪
  


Posted by らんぼう  at 00:41Comments(0)パイソン

2010年09月15日

獠パぁ~パ♪の鉄砲

東京マルイ、コルト・パイソン

今更、細かいレビューは必要無いですよね。
省いちゃいます(^^;)

手元に有るのは、マイナー後の「New」が付く方。
前作から、発射システム等、細かな改良がなされている様です。
前作を実際に見た事は無いんですが・・・。

塗装がマット・ブラックから、ガンブルーに似せた?
と言われている色に変更。
これだけで新旧が、簡単に区別出来ますよね♪

微粒コンパウンドで、軽く磨けばイイ感じで
映り込みが出来ます♪
ただ、塗膜が結構薄いんで注意が必要。

あっ!今はシルバーも発売されてますネ。




シリンダーをスイング・アウトさせて、見えているカートは
見た目だけのダミー、1ホールに4発×6

リボルバーで有りながら、24連発のカート・レス仕様となってます。
ガス・タンクは、グリップ内です。

24連発って、重宝するシステムでは有りますが
やっぱり、リボルバーと言えば



スイング・アウト後の「弾ジャラ♪」ですよね~♪

あの面倒クサさが、醍醐味!だったりしますよね。

では!その辺を煮詰めて行きますヨ~♪

つづく・・・。



  


Posted by らんぼう  at 00:50Comments(0)パイソン

2010年09月14日

冴羽 獠と歩む

復帰後、購入第1号はガス・リボルバー
だったりします。
当時まだ、WA・ミリガバは元気でしたし。

昔の名残なのでしょうか、基本は
リボルバー好きだったりします♪
な訳で、そこそこ見た目良く、使えるリボルバー!
それなりに悩んだ結果が



コレっ!




マルイのコルト・パイソン4inch!
使い込んで、ボロボロですが・・・。

City Hunter や、Angel Heart での冴羽 獠の愛銃。
超有名な話ですよね♪
私も例外ではなく、購入した理由がコレです。

我が家では、後のC・Hのパラレル・ストーリーAngel Heart の方が、影響大きいです。
主人公は冴羽 獠ではなく、女の娘です。
その娘の名は、香瑩
元、殺し屋組織の一員。
冴羽と親娘になる運命。

娘さんをお持ちの方、機会が御座いましたら、
親娘で御覧になるのも、良いかと思いますデス。
一緒に見て笑って
泣いて
また笑って
そんなストーリー設定になってますよ♪
お蔭様で、親娘で鉄砲持って、遊ぶ事も有りますデス♪
我が家ではパイソンは「獠パパ」で通ってます。

では、マルイ製「獠パパ」をもう少し、掘り下げて行きますね♪



  


Posted by らんぼう  at 04:21Comments(0)パイソン